ゴーヤ の 栽培 方法。 農家が教えるゴーヤー(ニガウリ)の育て方 収量アップのための摘心方法を図解!

水を入れたバケツに苗ごと入れて十分に水を与えておきます。 ハスモンヨトウ 茶色でイモムシ状の幼虫が実に大きな穴をあけます。

18

・次に、1番果の収穫開始期頃から10日~2週間に一度、化成肥料を少量、株元に施用する。

12

大きく育つ分、根もしっかりと張るので、 プランターは大きなものを選ぶ必要があります。 第1位の沖縄県が6,694t、続いて宮崎県が2,613t、鹿児島県2,517t、熊本県1,898t、長崎県が1,347tです。

基本は元肥に緩効性肥料を施し、株の成長を見ながら追肥を行います。 受粉・結実のポイント ゴーヤは同じ株に雄花と雌花がつき受粉をして結実しますが、なかなか虫がやってこない環境や実付きが悪い場合は 人工授粉をしましょう。 植え付けは晴れた暖かい日の午前中がおすすめで、午後の陽射しで根をはりやすくなるので活着がよくなります。

11

3 支柱立てと誘引 ・初期生育は緩慢だが気温の上昇とともに細いつるがよく伸びるので、支柱は早めに立てキュウリネットを利用して、これに蔓が一面に広がるよう誘引する。

早くに終わらせて別な物を作ってみたり翌年の為に土壌を育てる事も必要です。

17

苦みが少なくジューシーでサラダにおすすめです。 ゴーヤの分類と歴史 ウリ科ツルレイシ属に分類されるゴーヤは熱帯アジアなどの暑い国が原産で、 「ニガウリ」や 「ツルレイシ」の名でも呼ばれます。 定植後たっぷりと水をやりましょう。

1