併願 優遇 落ちる。 私立高校の併願優遇とは?東京の都立高校志望者は知っておきたい併願制度

となります。 しかし、貴校の学校説明会の個別相談の際に、受験生は来ておらず、お母様だけが質問されていた 方に、先生が「優遇措置を利用しても、絶対受かるとは限らない。

という気持ちがちゃんと伝わるように。 ただ、だらしない服装で試験を受けたり白紙答案を提出したりすると不合格になる可能性はあります。 過去問3年分は潰すこと• だから、併願優遇って制度は、暗黙の了解というか、口頭でしか「オッケー」を頂けないの。

12

神奈川県民で塾にも通っていないため、青稜も朋優学院も 今いろいろと調べているところですが、この2校について 良いところやそうでないところをお聞かせいただけないでしょうか。

14

模試の偏差値が足りていなくても、その学校に合わせたトレーニングをすることで合格は可能です。 中学校の先生から、併願優遇先の高校に対して、事実上の推薦をしてもらって初めて受験できるのです。 このグループ内でもレベル差はあり、比較的上位の学校では早慶の附属校を、それ以外ではGMARCHの附属校を選ぶ傾向が見られます。

3

併願優遇を利用することで、安心して公立高校の受験に集中できるという訳ですね。 仮に都立高校が不合格でも中堅レベルの大学付属へは入学できるので大学受験を目的にしない高校生活を送れます。

10

出題傾向を踏まえた講義と演習問題を解くこと この3点が公立高校合格の秘訣となります。

4

チャレンジはせずに、模試の判定が A判定以上の高校を受けることを強くおすすめします。 できます。 2.公立普通科上位校 併願校は地域毎に異なる傾向があります。

7

湘南では、地元の山手学院も選ばれています。

7

高校ですよね。