コロナ ウイルス 飲ん では いけない 薬。 (2ページ目)新型コロナ「飲んではいけない薬」とは? これだけは覚えておきたい7つのリスク

感染すると、発熱や咳(せき)、喉の痛みなど風邪のような症状が出ることが確認されていますが、風邪と判別がつかず、こうした症状が出て「風邪かコロナか分からない」「もしコロナだったらどうしよう」と不安に思う人も多いようです。 ・症状が消えたらすぐに治療を中止すること ・水痘の場合は使用を避けること。

19

著書に『薬害はなぜなくならないか』(1996年、日本評論社)、『ひとめでわかる のんではいけない薬大事典』『読んでやめる精神の薬』(以上、金曜日)、『「薬のやめ方」事典』(三五館)、『高血圧は薬で下げるな!』(KADOKAWA)ほか多数。

しかも、薬は効かない場合もあるし、副作用が強い薬もあるのです。

実際、パラセタモール(アセトアミノフェン)は、過剰に服用した場合、重篤な肝臓障害を引き起こす可能性があり、それが肝臓移植につながる可能性があります(フランスにおける薬が原因の肝臓移植の第一の原因です)。

12

日本でもインフルエンザのときには非ステロイド系消炎剤(NSAIDs)を処方しないことが常識となっています。

もし新型コロナウイルスに感染したら? 現在世界中で、急ピッチで進められている「ワクチン開発」 希望をもって、私たちは今できることを、ひとつひとつやっていきましょう。 引用元: WHOでは『 イブプロフェン』の名前しか上げていませんが、オリヴィエ・ヴェラン氏は、全体的な話としています。

6