ほっけ 干物 レシピ。 ほっけの干物を自宅で作ろう!美味しい一夜干しの作り方

少しのアレンジで冷凍も彩り豊かになるので、 ぜひ試して見て欲しい。 身をほぐしてバゲットにのせたり、漬け込んだオイルと一緒にパスタソースにも使えるので、とにかくオススメですよ。 [ ほっけのフィレ] 袋に入れて 脱気包装をする。

1

冷蔵庫で10日くらい日持ちしますよ。 特に5~7月にかけてとれるほっけは脂がのっていて最高に美味しい。

3

冷凍した干物の保存期間は、 2 週間から1 ヶ月程度である。 玉ねぎ 半分 (薄切りを事前にレンジで加熱しておく)• なお、オイルはサラダ油とオリーブオイルを合わせましたが、香りと風味を強めにしたい方はオリーブオイルのみで、反対に、全量サラダ油でさっぱりとしたオイル漬けに仕上げるのもあり。

20

では早速 ほっけの開きを冷凍する方法を紹介していこう。 大量に消費のできない干物は、 冷凍保存で賢く調理するのがオススメである。

17

今回はさらに アレンジの紹介を。

19

その後、技術改良が進み、新鮮なほっけの開きの干物が流通し始める。 出来上がりを考えると、身側から焼いた方が良いですね。 このようにたくさんのほっけを貰って、 賢く冷凍保存するだけで美味しく調理することができる。

6

また冷凍しておくと、 1ヶ月ほど保存しておくことができる。 蓋を外して、5分ほど煮込む。 新鮮なほっけが手に入ったら、次の方法で作ってみよう. はじめに、網に身がくっつきにくくなるように、網には油、網側の魚の面(皮)には酢を塗るとよいでしょう。

6

ニンニク 2片(みじん切り)• 焼き始めて身が白っぽくなり、だんだん焼き色がついたら、ひっくり返して皮の方を焼きましょう。 ぜひこれを利用してほっけだけではなく、 他の干物にも応用して見て欲しい。

今回の冷凍干物はお取り寄せ商品「干物セット5種」を利用しました。

11