コナン ピアノ ソナタ。 コナンに登場する可愛い女性キャラを解説3【麻生成実/浅井成実】

「 我が息子、セイジへ」 警官は、麻生には娘の他に息子もいたと話す。

1

ピアノの部屋の窓が1つ開いていたが、誰かが閉め忘れたということで片付けられたという。 コナンは、依頼料が払われていること、手紙の消印が月影島になっていることから、島の誰かが「 麻生圭二」のことを調べて欲しくて小五郎に手紙を出したと考える。 コナンは、警官と蘭を連れて、急いで公民館へ向かった。

5

主任は、麻生が10年以上も前に亡くなっていることを打ち明ける。 」と語り、この件での成実の姿を思い浮かべていた。 大病を患って入院した息子がいた。

2

小五郎が目を覚ますと、目暮警部たち警察がすでに捜査を始めているところだった。

公民館に着くと、建物の前では現村長の政策に反対する村民の反対デモが繰り広げられていました。 服部は「あのまんま死なせてやった方がよかったんやろか」と考えるが、「犯人を推理で追い詰めて、みすみす自殺させちまう探偵は殺人者とかわんねーよ」と言う。 そして彼は燃え盛る炎の中で何かに取り憑かれたかのようにベートーベンのピアノソナタ『月光』を弾き続けていたというのです…… 死者からの手紙…タチの悪いいたずらにも思えましたが、依頼料も振り込まれているため、もう少しよく調べてみようと小五郎たちは公民館にいるという村の村長の所に行き話を聞いてみることにします。

8

浅井成実の本当の名前はセイジで、麻生圭二の息子だったのだ。

コナンはこの事件を回想する際には悲しげな瞳をみせていた。 そういった意味でも、初めてのスペシャルにふさわしい重要なエピソードになっていると思います。

5

17

後にこの事件はの探偵としての在り方に影響を及ぼすことに。

20