čģĸį”Ÿã—たら悠々č‡Ē遊ぎįš‡åĻƒãƒŠã‚¤ãƒ•å°čĒŦåŽļãĢãĒろう。 čģĸį”Ÿã—たら悠々č‡Ē遊ぎįš‡åĻƒãƒŠã‚¤ãƒ•!?ネã‚ŋバãƒŦå…¨čŠąãžã¨ã‚īŧãƒ”ッã‚ŗマæŧĢį”ģ1čŠąã‹ã‚‰æœ€æ–°čŠąãƒģ最įĩ‚回ぞでīŧ

。 前世でäŧšãŖãĻたとかīŧŸãã‚Œã¨ã‚‚、į”Ÿãžã‚ŒãŸã°ã‹ã‚ŠãŽãƒ’ãƒĢデãĢ毎æ—Ĩ愛をささやきįļšã‘ãĻきたとかīŧŸãĒんでしょうか。 丁åēĻそぎ時、三回ãģお扉がéŗ´ãŖた。

3

35čŠąã§ã‚ĩナッと書きぞしたが、ぞだį›ŽãŒčĻšã‚ãĻいãĒい様子。 ãƒŦã‚ĸナぎ「悠々č‡Ē遊ぎニãƒŧトナイフ」はおうãĒãŖãĻしぞうぎか。

9

ベ゚ナãƒŗは そぎį”ˇãŽéĻ–ãĢ掴ãŋかかると 不č‡Ēį„ļãĒį‚šã‚’指摘する。 そしãĻå§Ģåąąæ¤ŋぎč‡ĒæŽēとéē書。 すると バキãŖ éĻŦčģŠãŽãƒ‰ã‚ĸが開き æ‰‹ã‚’åˇŽã—äŧ¸ãšã‚‹äēēį‰Šã€‚

20

ããŽãžãžã‚ˇãƒ´ã‚ĄãĢæŠąãã¤ããŽã§ã—ãŸã€‚ īŧˆč¨€ãŖãĻも変わることはį„Ąã„ぎãĢ。

6

そしãĻ、åŽļč‡ŖãĢ「įš‡åĻƒãŒã‚‚ãŖãĻãã‚ąãƒŧキはもうãĒいぎかīŧŸã€ã¨ãŠäģŖわりをねだるãģお。 ãƒŦã‚ĸナãƒģフりãƒĢテãƒģプãƒĒテã‚Ŗナ åŽŸã¯å‰ä¸–ãŽč¨˜æ†ļを持ãŖãĻいãĻ、æœŦぎ世į•ŒãŽæ‚ĒåĨŗである「ãƒŦã‚ĸナ」ãĢčģĸį”Ÿã—ãĻį”Ÿãã‚‹ãŸã‚ãĢ名ばかりぎįš‡åĻƒãĢãĒるしかãĒいæœŦäŊœãŽįœŸãŽãƒ’ロイãƒŗ。

5

そしãĻįžįŠļがįžåŽŸã§ã‚ることもäē‹åŽŸã€‚ もくもくとå‡ēされたもぎをåšŗらげる。 37čŠąã§æ‰“ãĄæ˜Žã‘ã‚‹ãŽã§ã—ã‚‡ã†ã‹â€ĻīŧŸ そしãĻ、 気ãĢãĒるぎがãƒĢマãƒŗ。

20

「įĨžæŽŋãĢ向かうéĻŦčģŠãŒį‡ƒãˆãĻいる」 そうäŧãˆã‚‹ã¨ã€čĩ°ãŖãĻ逃げだす少åĨŗ。

1

「ãƒĢマãƒŗįˇįŖがį”Ÿæ­ģをさぞよãŖãĻおり、民åŋƒãŒæēれãĻいぞす。

9