福知山 花火 事故。 福知山花火大会事故

全身にやけどを負い、京都市内の病院で治療を受けていた、大阪・高槻市の黒田直希さん 35 が、19日午後に亡くなり、犠牲者は3人になった。 府警は、火元となったベビーカステラ店の店主が、ガソリンの携行缶の内圧を下げる空気抜きのねじを緩めないまま自家発電機に給油しようとしたため、ガソリンが噴出し、鉄板の火に引火、爆発したとみて調べている。

「福知山花火大会事故」の 犯人・渡辺良平の実名報道をマスコミが控えた理由とは? しかし、それ以上にマスコミが 「福知山花火大会事故」の犯人・渡辺良平の実名報道を控えざるをえない理由があったと言われています。 このような大きな事故で店主は服役しましたが、それだけでは対応しきれなかったため、事項委員会が大会の主催者として被害者達と示談交渉をしました。

13

2017年12月7日発信、同年同月8日閲覧。 6日の裁判では、被告人質問が行われ、渡邉被告は「 携行缶のふたを開けた時に霧状のガソリンが、そこまで勢いよく噴き出すとは予測できなかった」、「なんとか止めようと給油口をタオルでおさえたが、おさえきれず多数の人にガソリンをまく形となった」と述べました。

9

京都府下では、この2大花火大会以外にも、大規模花火大会ではない花火大会は一部地域で開催されており、のや宮津市の、のなどでも花火が打ち上げられている。

10

男性の場合は治療歴をみて症状が固定された状態だと察し通知した」と説明。

5

いずれも2日間で20万人以上が訪れる市内最大の観光イベントで、それぞれ約400の屋台が出店する。 わき上がる怒りを懸命におさえながら報道陣の質問に答えた。