äēē ãĢ 興å‘ŗ を 持ãĻ ãĒい。 äģ–äēēãĢ興å‘ŗé–ĸåŋƒãŒãĒいぎはį—…気【ã‚ĸ゚ペãƒĢã‚Ŧãƒŧį—‡å€™įž¤ã€‘

į‰šãĢ小さãĒことでもéĸį™Ŋいと思えるようãĒもぎというぎは多くありぞす。

3

į–˛ã‚ŒãĻいるâ€ĸ į”ˇå­æ Ąå‡ēčēĢぎį”ˇå­ã¯ã€å…ąå­Ļぎį”ˇå­ã¨ã¯æ‹æ„›å‚žå‘ã‚„į‰šåž´ã¯å°‘し違うようです。 そうãĒãŖãĻくるとčĻ‹ãŸį›Žã§įžŽå‘ŗしそうかおうかを判断することはį„ĄããĒãŖãĻ、 とりあえずäŊ•ã§ã‚‚éŖŸãšãĻãŋã‚‹ã¨ã„ã†č€ƒãˆãŒåŽŒå…¨ãĢ厚į€ã™ã‚‹ãŽã§ã€ おんãĒéŖŸãšį‰ŠãĢã‚‚čˆˆå‘ŗを持ãĻるようãĢãĒるんですね。

12

č‡Ē分ãĢ興å‘ŗを持つことがå‡ēæĨãĻいたら、そぎč‡Ē分ãĢé–ĸわるäēē間である「äģ–äēē」ãĢã‚‚ã€čˆˆå‘ŗを持ãĻるようãĢãĒりぞす。

4

おれもį°Ąå˜ãĒãŽã§ã€ãœã˛ãƒã‚§ãƒƒã‚¯ã—ãĻãŋãĻください。 ã‚ĸ゚ペãƒĢã‚Ŧãƒŧį—‡å€™įž¤ãŽäēēはäģ•äē‹ãŒã§ããĒい、įļšã‹ãĒã„ã¨č¨€ã‚ã‚Œãžã™ãŒæˆåŠŸäž‹ã‚‚ã‚ã‚Šãžã™ã€‚ ããŽã€ŒčŠąã—ä¸Šæ‰‹ã¯čžãä¸Šæ‰‹ã€ã¨ã„ã†å¸¸č­˜ã‚’ãã¤ãŒãˆã™ãŽãŒã€äēēãĢåĨŊかれるäŧščŠąčĄ“【į”ˇåĨŗå…ŧį”¨ã€‘です。

雑čĢ‡ãŽæ„å‘ŗがわからãĒい 雑čĢ‡ãŽåŋ…čĻæ€§ã‚’感じãĒいぎでč‹Ļ手ですし、くだらãĒいと感じぞす。

17

äēēというぎは、悊ãŋäē‹ãĒおぎį›¸čĢ‡äē‹ãĢおおいãĢ興å‘ŗã‚’æŒãĄãžã™ã€‚ 興å‘ŗがį„Ąã„ことをčĻšãˆã‚‰ã‚ŒãĒいぎであれば、 勉åŧˇãŒåĨŊきãĒäēēしかå­Ļæ ĄãŽãƒ†ã‚šãƒˆã§č‰¯ã„į‚šæ•°ãŒå–ã‚ŒãĒいはずです。

11

ã„ã¤ã‚‚ãƒĄãƒŧãƒĢčĒ­ãžã›ãĻもらãŖãĻいぞす。 č‡Ē分がäēēやį¤žäŧšãĢ与えるåŊąéŸŋã‚’ã‚¤ãƒĄãƒŧジする č‡Ē分がäēēやį¤žäŧšãĢ与えるåŊąéŸŋã‚’ã‚¤ãƒĄãƒŧジするというようãĒäē‹ã‚‚あるでしょう。

そしãĻそぎ 興å‘ŗぎåŧˇåēĻもåŧˇãã€ãã‚ŒäģĨå¤–ãŽčˆˆå‘ŗぎãĒいことはãģãŧしたがりぞせん。 慕ãŖãĻくれるäēēぎことは大äē‹ãĢする 慕ãŖãĻくれるäēēというぎはåŋ…ずいると思いぞす。 ãĒぎでéĸ倒だと感じたりするようãĒäēēが多いぎではãĒいかと思いぞす。

11