夏休み 宿題 計画 表。 冬休みの宿題をやらない終わらない対策!おすすめ計画表紹介

計画を立てていないと、子どもはなかなか勉強をする気が起きなかったり、親から言われないと勉強できなかったりするでしょう。 最初の1週間は「現状を把握する期間」です。

3

毎日達成出来れば計画を行動していくのが楽しくなり、どんどんと自発的にこなすようになります。 *必ず1週間たったら計画を見直すようにしましょう。 。

12

夏休み一枚の予定表なので、これぐらい記入できると助かります。 その場合には夏休み用の問題集を用意します。 みなさんの夏休みの宿題がスムーズに進みますように。

13

サイトには他に、色が4色ありイラスト入りなどもあります。 (こちらの記事は2015年7月17日にアップした記事ですが毎年7月、8月に多くアクセス頂いています。

2

チェックする箇所にはお子さんの好きなシールを貼ってあげるのも良いかな~って。

関東は霞ケ関駅から、関西は三ノ宮駅からの実費計算となります。 絵画や工作、読書感想文、自由研究のように ある程度まとまった日数を使って取り組むべきもの。 もくじ• まぁ、この通りにいくかどうか?まだ未知数ですが…… って、何で私がこんなに気を揉む必要があるのか? そもそもそれは子どもの宿題……. 夏休みの宿題の全体像を把握する• できるだけ子どもに書かせると、「自分でたてた計画だ」ということが実感できるのでおすすめです。

11

「朝食後の1時間」 「夕食前の30分」 など、机に向かう時間を親子で決めておきましょう。

*記入例* うちの小学4年生の場合 * 宿題プリントの束の通し番号を記入して、いつ、何番のプリントをやるかを記入させます。 お手伝いの予定に関しては時間で決められないものがあると思うので、円グラフになると難しそうですね。 音読等の、 日々やる課題をやったかどうかのチェック欄も作りましょう。

16