アメリカ 空母 感染。 米空母「コロナ感染」でチャンス到来の中国海軍 「至急上陸」を求めて艦長解任、揺れる米海軍(1/4)

alejandria.ccm.itesm.mx : 米空母で新型コロナ感染者が急増、25人に 海軍当局者

なぜ、ここまで空母で感染が起きるのか。 ただ中国軍での感染拡大が報じられてからもう二ヶ月近く経っていますので、感染が蔓延したのが早い分、隔離によって終息するのも米軍より早いでしょう。 これは空母打撃群の作戦運用に関わる全ての要素をチェックし、実戦に投入できる状態になっているかを確認するもの。 ハイテン統合参謀本部副議長は27日、一部記者団に「乗組員の検査は1週間以内に終わる」との見通しを示した。 だが、同空母の窮状は明らかだ。

Next

米空母で新型ウイルス流行、艦長が支援要請 4000人乗船

遠征命令を心待ちにしていました」と出航に際しコメントを発表しています。 そうすると抑止力はどうなるのだ、南シナ海はどうなるのだという話になる。 「感染は現在進行形で急速に拡大している」。 米海軍は乗組員約5000人のうち発熱症状などのある乗組員を中心に感染の有無を検査する。 乗組員全員を検査、隔離するなど「断固たる行動を取る必要がある」と訴えた。 アジア太平洋地域では、横須賀基地の「ロナルド・レーガン」など3隻が整備や訓練に入っていたため、一時、直ちに展開できる空母が事実上、不在となる事態に陥り、空母を指揮するベイカー司令官は声明で「空母がインド太平洋地域での任務に一歩近づいたことは大きな成果だ」と強調しました。 c AFP. 艦内の感染者は約30人に上り、いずれも軽症とされる。

Next

米空母「コロナ感染」でチャンス到来の中国海軍 「至急上陸」を求めて艦長解任、揺れる米海軍(1/4)

太平洋に展開中の米海軍の原子力空母セオドア・ルーズベルトで新型コロナウイルスの感染が急拡大しているとして、艦長が緊急支援を文書で米軍幹部に要請したことが明らかになった。 日本の横須賀基地を前方展開先としている空母ロナルド・レーガンは、搭載する艦載機部隊(CVW-5)と、空母打撃群を形成する駆逐隊(DESRON15)とともに、日本の南方海上で任務復帰のための運用試験を重ねてきました。 しかも、アメリカの空母は乗員が6000人くらいでしょう。 4月8日、フランス国防省が、フランス海軍の空母「シャルル・ド・ゴール」内で、約40人が新型コロナウイルスに感染している可能性を発表した。 米軍幹部は正確な感染者数を公表せず、全員軽症だと強調する。 中国の場合、米軍よりずっと早い2月には海軍や空挺部隊で感染者が広がっていることを解放軍の機関紙「解放軍報」が報じています。 9日にはグアム海軍病院に入院し、集中治療室(ICU)に移されたが、13日に死亡した。

Next

アメリカ空母2隻がインド太平洋哨戒任務に出発 空母3隻体制に

その後、米領グアムの海軍基地に向かったものの、兵士ら4000人以上が寝起きする艦内で感染は広がり続けた。 人民解放軍がこういったことを公式に認めることは滅多にありませんので、よほどのことだったんでしょうね。 同艦では、4月6日までに乗組員173人の感染が確認され、SOSを出した艦長はメディアへの情報漏洩により解任処分となった。 飯田)アメリカ海軍の抑止力は当然、日本の安全保障にも直接関わります。 フィリピン海に展開していた同空母では同月24日、乗組員3人が検査で陽性反応を示したことが判明。

Next

米空母で新型コロナ感染拡大 艦長が緊急支援要請

この問題は、世界の軍隊全体の問題でもあるのです。 ただ、海軍作戦部長のギルデイ大将は声明で、「我々の積極的な対応により、地域内でのセオドア・ルーズベルトの即応能力を維持できると確信している」としている。 米海軍の空母「セオドア・ルーズベルト」=2017年4月、西部カリフォルニア州沖(AFP時事) 【ワシントン時事】新型コロナウイルスの感染拡大が、アジア太平洋地域における米軍の活動にも影を落とし始めた。 クロージャー艦長は「感染拡大は進行、加速している」と説明。 飯田)日本の自衛隊からは、ほとんど出ていないということです。 乗組員たちを誇りに思うとともに、どこへだろうといつでも命令を遂行できる状態です」と、新型コロナウイルスという以前とは違う脅威とも戦う状況についてコメントしています。

Next

米空母 インド太平洋地域の活動に出港 中国けん制のねらいも

アメリカ海軍は4月13日、原子力空母セオドア・ルーズベルトの乗組員1人が新型コロナウイルスへの感染で死亡した、と発表した。 ルーズベルトは乗組員の感染が見つかった当時、南シナ海での中国の覇権的行動を牽制(けんせい)する狙いからフィリピン海で演習を実施していた。 乗組員4千人超のうち150~200人が感染しているとみられる。 米海軍の即応能力と中国に対する抑止力の低下は避けられない。 インド太平洋地域で作戦行動を実施していたもう一隻の原子力空母「セオドア・ルーズベルト」でも先週、複数の感染者が確認された。 現在米海軍では11隻の空母を運用しているが、そのほとんどが北アラビア海での作戦や定期修理中であり、北東アジアでの作戦行動に参加できる空母はない。

Next