スマート シティ 官民 連携 プラットフォーム。 スマートシティ官民連携プラットフォーム

最近話題の「スマートシティ」、最新ニュースと概要を5分で解説

ウーブン・シティは ロボットやAI(人工知能)技術を駆使し「トヨタがつくる未来都市」がテーマとなっています。 データ利活用型スマートシティ推進事業 総務省 情報流通行政局 地域通信振興課 担当者:吉田、佐々木 電話:03-5253-5111 03-5253-5758(直通) 03-5253-5759(FAX)• トヨタ自動車が近未来のようなスマートシティを作る計画がある• この美園地区でのプロジェクトは「スマートシティさいたま新都心構想」の実現に向けた先導モデル地区として期待されている。 分野間連携の促進• そのような中、が展開する法人向けサービス「eMeter」の試験導入がされました。 「スマートシティ」というと、皆さんはどんなことを思い浮かべるでしょうか 街全体がインターネットでつながって省電力で動いていたり、自動運転車が走っていたりという、近未来的なイメージを思い浮かべる人が多いのではないのでしょうか。 CDI社が提供する、AIを活用したケアプラン作成支援システムの利用権を希望するケアマネへの付与• スマートシティ関連事業に取り組む団体459団体 (企業等304団体、大学・研究機関43団体、地方公共団体112団体)• としており、今年中に連携基盤を作り、来年度以降に各事業の予算要求時点から、連携を深化させていく予定なのだという。 スマートシティの最新ニュースとして、電気・水道・ガスの指針確認業務を無人化できる「eMeter」のサービスや子どもを人工知能(AI)ロボットが見守ってくれる「GPS BoT」というサービスが受けられる。 実施体制の強化と、技術等の横展開が促進されるよう、課題やニーズに対して各団体とのマッチングを行う。

Next

「スマートシティ」で生活がますます便利に!? 官民の連携がもたらすもの

0(工業社会)、4. 今後の取り組みは スマートシティ官民連携プラットフォームにより、今後、各省庁は資金面に加え、ノウハウ面での支援、「スマートシティ」実現のための技術等の横展開を促進するための援助などを行っていきます。 これによって人の動きを追うことができるので、例えば認知症の患者さんが施設からいなくなってしまったときに探しに行くことができる、などで活用できるでしょう。 0とは、1. Society5. その技術は、自動運転、MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)、パーソナルモビリティ、ロボット、スマートホーム技術、人工知能(AI)技術など、人々の暮らしを支えるあらゆるものを対象としている。 【10】埼玉県さいたま市「スマートシティさいたま新都心構想」 埼玉県さいたま市では、理想とする都市の縮図をとし、市民生活を構成するすべての分野を対象に「網羅的」にプロジェクトを展開している。 【2】東京都港区「ソフトバンクによるスマートシティ実証実験」 東京都港区では、ソフトバンクと東急不動産による実証実験が計画されている。 水や緑と触れ合える環境ができる:緑を含めた街づくりで、二酸化炭素の排出を防ぎつつ空気をきれいにすることができる• そこで今回は、スマートシティ官民連携プラットフォームに属しており、現在各府省が関わっているスマートシティ関連事業をいくつか紹介する。 つまり世界的に求められるスマートシティ化は最先端技術の取り込みによる便利な生活が保障されるだけでなく エネルギー消費の減少や環境を配慮した近代都市を生み出すことに期待されています。

Next

スマートシティ国内事例10選【2020年最新版】

建設やインフラ、メーカなど、ほとんどすべての地域のスマートシティの推進において、民間企業が重要な役割を果たしている。 もしかしたら、あ なたの街で検針を行う人が人工知能(AI)になっている、という日も近いかもしれません。 以上、実現間近な近代未来都市と言われるスマートシティの概要から最新ニュースをまとめて解説しました。 そういえばこの「マスダールシティ」の写真を六本木ヒルズの森美術館で開催しているで見て「すごい~!」と感心しました。 今後は、企業、大学・研究機関、地方公共団体、関係府省等、合計 473団体から構成される本プラットフォームを軸に、官民が一 体となって全国各地のスマートシテ ィ関連事業 を強力に推進していきます。 *ORI-Project Hamamatsu Open Regional Innovation Projectの略称。

Next

「浜松市デジタル・スマートシティ官民連携プラットフォーム」が始動!|浜松市のプレスリリース

テレビ会議は、テレワークや在宅勤務を可能にし、会社にいなくても仕事のできる環境をつくることができます。 なぜ四條畷市はスマートシティを推し進めるのか この取組みに参加するきっかけは、 本市東部の田原地区で見られる課題が明らかになったことです。 分科会の開催• 24 プレスリリース スマートシティの実現に向けた計画を策定~15の先行モデルプロジェクトにおける実行計画~• 【6】香川県高松市「スマートシティたかまつ」 香川県高松市では、産学民官の多様な主体との連携を通じ、ICTを使った地域課題の解決と地域経済の活性化を図ることを目的にを推進している。 しかしながら、田原地域には、生鮮食品が購入できるスーパーや大きな医療機関がなく、西部市街地や隣接する生駒市に行かなければなりません。 事業化支援• 簡単にいうと、国から「スマートシティを作って!」と言われても、どうすれば良いの?最先端の技術とか何があるの?などととまどいますよね。 今後、スマートシティは日本でどんどんと開発が進むだろう 私たちが住む日本は先進国とし、ここ10年を振り返るととんでもない技術発展をしています。 わかりやすくまとめると、 「国だけでなく、企業同士・スマートシティ化を進める地域同士で問題を共有して、解決が早くなる」「スマートシティをやりたい地域と企業のマッチングがスムーズになる」などが主な目的になります。

Next

「スマートシティ」で生活がますます便利に!? 官民の連携がもたらすもの

スマートシティと似た言葉には 「スマートタウン」「スマートコミュニティ」という言葉があるのですが、この言葉はもともと「環境にやさしい街」の意味合いが強いです。 。 【5】兵庫県加古川市「加古川スマートシティプロジェクト」 兵庫県加古川市では、加古川市まち・ひと・しごと創生総合戦略にもとづき「子育て世代に選ばれるまち」の実現に向け、都市の安全・安心を中心とする情報通信技術利活用基盤を活用した事業を推進している。 企業同士や企業・自治体とのマッチングがしやすくなる• スマートシティは子どもを人工知能(AI)ロボットが見守ってくれる 人口が少なくなると、保育士さんなど子供を見てくれる人が少なくなるのでは?と心配異なりますよね。 私たちが住む日本は課題先進国とも言われており、その課題とは人口減少、急速な高齢化、多発する都市型災害、インフラの老朽化などが挙げられ、いずれ世界各国が直面する都市課題に現在向き合っております。

Next

「浜松市デジタル・スマートシティ官民連携プラットフォーム」が始動!|浜松市のプレスリリース

2020. つまり、現在から将来にかけての都市部におけるさまざまな課題を解決する取り組みとして、スマートシティが注目されていると言える。 さらに、福祉分野においても高齢者の呼吸や心拍等のバイタル情報の収集など、ICTを活用した地域包括ケアシステムの構築を計画している。 0)、工業社会(Society 3. そして、スマートシティを作ろうとする動きが積極的になっているのが実は「官公庁」。 それでは、そんなスマートシティの中でもすでに実験段階に来ている街についてお伝えしましょう。 そのうえで、 市内全体を今まで以上に便利で快適な生活ができる魅力あるまちになればと考えています。

Next

スマートシティ官民連携プラットフォーム 始動~473団体がスマートシティの取組を加速~ 科学技術政策

駅を中心としたスマート・コンパクトシティ 「柏の葉スマートシティ」は、柏の葉キャンパス駅を中心とする半径2km圏に大学や病院、商業施設などを集めることで、人・モノ・情報を集中させ、駅周辺に集まるデータの収集と連携を強化している。 マーケ監: どんなスマートシティにしたいか、これには市民の方の意見や思いが不可欠ですね。 また中庭に「ウインドタワー」を作って、センサーを使って効率的に風を取り込むようにすることで、 街全体の気温を下げることに成功しました。 <推奨テーマ> ・複数分野の連携 ・COVID-19対策 デジタル・スマートシティ浜松の実現に向けた"第一歩"を、共に踏み出すプロジェクトをお待ちしております。 Google の関連企業が、2017 年にカナダの政府系企業と連携して、カナダ・トロントの都市開発プロジェクト「Sidewalk Toronto」を展開しました。

Next