æ–°åš´ ぎ 挨æ‹ļ 文。 č‡Ēæ˛ģäŧšé•ˇæ–°åš´ãŽæŒ¨æ‹ļや゚ピãƒŧチãĢäŊŋãˆã‚‹č¨€č‘‰ãŽäž‹æ–‡ã‚„æ‰‹į´™ãƒģãƒĄãƒŧãƒĢãĢäŊŋえる文䞋

æœŦ嚴もご期垅ãĢかãĒうようåŠĒ力する所存です。 新嚴ぎ挨æ‹ļぎ手į´™ã§ã™ãŒã€æ‰‹į´™ã§ã™ãŽã§ã€æ‰‹æ›¸ããŽå ´åˆãĒおはきれいãĒ字で丁寧ãĢ書きたいもぎです。

4

ãœã˛å‚č€ƒãĢしãĻください。 そぎ場やįŠļæŗãĢåŋœã˜ãĻč‡Ēåˆ†ãŽæ€ã„ã‚„æ°—æŒãĄãŒčĄ¨ã›ã‚‹ã‚ˆã†ãĢする。 å†Ŧäŧ‘ãŋ中ãĢおåŽļでもįˇ´įŋ’しãĻいた成果ãĒãŽã‹ã€å­ãŠã‚‚ãŸãĄã¯ãŋんãĒ上手ãĢã‚ŗマを回せるようãĢãĒãŖãĻãŠã‚Šã€čˇå“Ąä¸€åŒéŠšããžã—ãŸīŧčĒ°ãŒæœ€åžŒãžã§å›žãŖãĻいるかãĒīŊžã¨įĢļäē‰ã‚‚æĨŊã—ã‚“ã§ã„ãŸå­ãŠã‚‚ãŸãĄã§ã™ã€‚

13

ぞとめ 「新嚴ぎ挨æ‹ļ」は、ぞず新æ˜ĨをįĨã†č¨€č‘‰ã‚’čŋ°ãšã€įļšã„ãĻį›¸æ‰‹ãŽåĨåēˇã¨åš¸įĻã‚’įĨˆã‚Šã€æ—§åš´ä¸­ãŽãŠį¤ŧや、äģŠåš´ãŽãŠäģ˜ãåˆã„ã‚’éĄ˜ã†č¨€č‘‰ã‚’čŋ°ãšã‚‹ãŽãŒåŸēæœŦです。 č‡Ēæ˛ģäŧšé•ˇæ–°åš´ãŽæŒ¨æ‹ļとは、゚ピãƒŧチであれば、そぎ嚴ぎ、一į•Ēåˆã‚ãŽčĄŒäē‹ãŒé–‹å‚ŦされãĻいるåŊ“æ—ĨとãĒるはずãĒぎで、新嚴ぎåŋ™ã—い中集ぞãŖãĻもらãŖたことãĢ感čŦã‚’し、手į´™ã‚„ãƒĄãƒŧãƒĢãĒãŠã§ã¯ã€ãžã æ–°åš´æœ€åˆãŽčĄŒäē‹ãŒč¨ĒれãĻいãĒいことがあるぎで、ãƒĒマイãƒŗダãƒŧぎようãĢイベãƒŗトぎ開å‚Ŧæ—ĨãĒおをæˇģえãĻ、äŧšãˆã‚‹ãŽã‚’åž…ãŖãĻいぞすとすると、周įŸĨã‚‚åžšåē•ã§ãã€åĢŒãĒ感じはしぞせん。 ã‚ĢãƒŦãƒŗダãƒŧ、手å¸ŗ、ノãƒŧト、文æˆŋå…ˇå“ãĒお、もらう側もäģ•äē‹ã§äŊŋえるį‰Šã‚’æ¸Ąã—ãĻã‚ã’ã‚‹ã¨č‰¯ã„ã¨æ€ã„ãžã™ã€‚

17

ã“ãĄã‚‰ã¯į›¸å¤‰ã‚ã‚‰ãšã€ã‚わただしいį”Ÿæ´ģを送ãŖãĻいぞす。 č¨Ē問挨æ‹ļでは手土į”Ŗを持参すると更ãĢč‰¯ã„ 晎æŽĩã€ãŠä¸–čŠąãĢãĒãŖãĻいる取åŧ•å…ˆã¨ãŽé–ĸäŋ‚や挨æ‹ļするäēēぎåŊščˇãĢよãŖãĻですが、手土į”Ŗを持参すると更ãĢč‰¯ã„ã§ã™ã€‚

11

是非åŽļ族でéŖŸãšãĻ元気ãĢ過ごしãĻいきぞしょう。 æŧĸčĒžčĒŋぎ「新嚴ぎ挨æ‹ļ」â€ĸ į”Ÿå‰ãĢはäŊ•ã‹ã¨åŠąãžã—ãĻいただきぞしãĻ、ありがとうございぞした。 もし、į‰šåˆĨå ąå‘Šã™ã‚‹ã“ã¨ãŒãĒくãĻもäģ•äē‹ã‚„čļŖå‘ŗãĒお、äŊ•æ°—ãĒいæ—Ĩ常ぎことを書きぞしょう。

8

æœŦ嚴もおåŧ•ãįĢ‹ãĻぎãģãŠåŽœã—ããŠéĄ˜ã„į”ŗし上げぞす。 æ—§åš´ä¸­ã¯å¤§å¤‰ãŠä¸–čŠąãĢãĒりぞしãĻ、ありがとうございぞした。

9

ã€ã¨č¨€ãŖた、挨æ‹ļをäģ•äē‹ãŽå†…厚とåĢめãĒがら、å‡ēæĨれば間違いãĒいでしょう。 きãŖãĄã‚Šã¨ã—ãŸå¤ąį¤ŧぎãĒい丁寧でもらãŖãĻうれしいようãĒ文įĢ ã‚’かきたいもぎです。 ぞた、受け取る側ぎįĢ‹å ´ãĢįĢ‹ãŖãĻ、文中ãĢは故äēēとぎįļšæŸ„を書きå…Ĩれるäē‹ãŒå¤§äē‹ã§ã™ã€‚

8