ãƒĄã‚¤ãƒ‰ イãƒŗ ã‚ĸビ゚ 52 čŠąã€‚ ã‚ĸã‚ēãƒŧãƒĢãƒŦãƒŧãƒŗ â”€ãƒĄã‚¤ãƒ‰ã‚¤ãƒŗã‚ĸビ゚─

それだけãĢã€ãƒ•ã‚Ąãƒ—ã‚ŋぎč‹Ļしãŋもäŧã‚ãŖãĻくるもぎですから、čĒ­ã‚“でいãĻæ‚˛ã—ãã€čž›ããĒã‚‹åą•é–‹ã§ã—ãŸã€‚ ヴエã‚ŗさんも原はヒトではãĒいぎかもīŧŸ あとは地上でおれãģお時が過ぎãĻã„ã‚‹ãŽã‹ãŒã‚ã‹ã‚Œã°æ™‚åˇŽãŒåž—ã‚‰ã‚Œã‚‹ã‘ãŠã‚‚ã€ã“ã‚Œã¯čŠŗしくはわからんですねīŊžã‚ļックãƒĒ100倍とかじゃろかīŧŸ そういえばぞだ村ãĢæĨãĻから1æ—ĨįĩŒãŖãĻãĒさそう。 もしįŦŦ55čŠąã¨åŒã˜ãƒšãƒŧ゚でäē‹ãŒé€˛ã‚“でいるãĒらば、 įŦŦ56čŠąãŽå…Ŧ開は10月10æ—ĨīŊž20æ—ĨãĢãĒるかもしれぞせんし、 11月、12月ãĢãĒるかもしれぞせん。

18

ãƒŦグãĢついãĻ、äŊ•ã‹įŸĨãŖãĻいる様子。

ã‚ˆã‚ã—ã‘ã‚Œã°ãœã˛ã“ãĄã‚‰ã‚‚ ご一čĒ­ãã ã•ã„。

そしãĻ、ここでも、ナナチぎãļわああぁぁんがį‚¸čŖ‚するぎである。

ã‚Ēãƒŧã‚š ãƒĒã‚ŗや孤児é™ĸぎįš†ãŒæšŽã‚‰ã—ãĻいる大įŠ´ãŒã‚ã‚‹čĄ— ナイã‚ļ åŖ° - ãƒĒã‚ŗぎ母čĻĒであり世į•ŒãĢ数äēēしかいãĒい「į™ŊįŦ›ã€ãŽæŽĸįĒŸåŽļ。 ナナチは手元ぎミãƒŧテã‚ŖãĢčĒžã‚ŠæŽ›ã‘ぞす。

11

ãģãŧå…¨å“ĄãŒįˇ´åēĻ120ãĢč‡ŗり、åŧˇåŒ–因子ぎ摂取ãĢよるčƒŊ力値åŧˇåŒ–ã‚‚įĩ‚えたãƒŦッドã‚ĸã‚¯ã‚ˇã‚ēãĢとãŖãĻ、åŧˇã•ã¯åœæģžã™ã‚‹ã°ã‹ã‚Šã€‚ 严į›Žã€ä¸Ąčļŗã€č‡“å™¨ãŽåŠåˆ†ã§ åŖēミãƒŧテã‚Ŗを所有するナナチとäē¤æ›å¯čƒŊ。

19