新型 ブロンコ。 フォード ブロンコ 価格・車種カタログ情報

【7月に復活!】フォード・ブロンコ新型 7月上旬に世界初公開へ

旧型ブロンコも新型ブロンコもどちらもイケてるアメリカンSUV。 これは堪らん。 詳細はまだわかりませんが、オフロード向けに造られるブロンコの最上位グレードが「ラプター」でも、その可能性は充分にありますね。 アメリカで乗るからカッコイイ。 すでにフォードも日本市場から撤退していますし、日本ではバックアップやサポート体制が完璧とは言えないため、販売好調なジープラングラーのようにはいかないと思います。 他にもあるよ!関連画像。

Next

2021 フォードブロンコ続報 vol.3

ブロンコ・ラプターも登場か!? フォードのピックアップトラック「F-150」のハイパフォーマンスグレードとして君臨するのが 「F-150ラプター」です。 画像: さて、新型ブロンコは日本での正規販売はないでしょう。 新型ブロンコの特徴としては、従来の2ドアに加え4ドアが追加されるほか、「エアルーフ」と呼ばれる4〜6つのモジュラーからなる取り外し可能なルーフを備えるという情報がある。 追記…手っ取り早く最新画像を見たい方は以下の記事をご覧ください! 新型ブロンコは「レンジャー」とプラットフォームを共有。 遂に、遂に新型ブロンコのリーク写真が出てきましたね! 様々なデザインの憶測がされていましたが、 リーク写真では、 オールドブロンコのデザインを残したレトロなデザイン。

Next

フォード 新型「ブロンコ」がカックカクのボディーで帰ってくる!

だから言ってやった。 1980年には「Fシリーズ」をベースとした3代目、1987には4代目が登場し、1992年には5代目へと継承されましたが、1996年を最後に生産終了となっていました。 ルーフをはじめ、ボンネットフード、前後バンパーなど全体を偽装パネルでカモフラージュしており、リアウィンドウも完全なフェイクだ。 ターボエンジンを搭載か? DOHC 2. 北米における納車開始は2020年末となるだろう。 見た目は旧くとも、中身は最新、まさにカリフォルニアならではのスタイルと言える仕上がりを見せていた。 フォード・ブロンコ・スポーツのプロトタイプ さらにハイブリッド車がラインナップに加わる可能性もあるだろう。

Next

新型ブロンコ!

エアコン 西海岸を快適にドライブするならエアコンは必須。 新型のランドローバーディフェンダーもそうですが、やや丸みを帯びた可愛らしい感じにも見えます。 画像: これはテスト走行中のスパイショット。 エル・アミーゴチェーン ブロンコ 関連ランキング:ステーキ 新潟駅. 海外の掲示板サイトBroncoSportForumにて投稿された今回のリーク画像ですが、丸目のLEDフロントヘッドライトが両端に搭載され、かなり頑丈そうなフロントグリルを装備したオフロードSUVスタイルといった感じでしょうか。 このことから、今見えている車が「ベイビーブロンコ」で、影が一回り大きい「新型ブロンコ」なのではないかと言われています。 オフローダーとしての伝統である丸目のヘッドライトが採用され、レトロ感も感じさせます。

Next

【動画】これが新型ブロンコ?フォードが新ブロンコをベースにした「ブロンコRプロトタイプ」公開。今年のバハ1000に出場するとも発表

新型ブロンコが市場を争うのはジープ・ラングラーだ。 フォード ブロンコ ティザーイメージ ブロンコは1966年から1977年まで初代が生産された後、1978年には2代目が発売されました。 あとは立体感のあるリヤテールランプやくぼみをつけたテールゲート、プレーンなプラスチック製のリヤロアバンパーなども確認でき、全体的に引き締まったボディでありながらも、しっかりと遊び心を取り入れた楽しそうな一台となっていますね。 フォード・ブロンコのネーミングが2020年に新しいグローバル向けのSUVとして復活するとフォードの関係者が明かした。 なんだか木更津、君津の街中でもけっこう走ってるんだなぁと思ったのですが、妻に「それはパパが無意識に探してるから目に付いちゃうだけでしょ。 それでも、近年の自動車産業界の傾向として、こうした写真が流出してしまうことを、フォードとしてはあるていど予想していたはずだ。 3リットル直列4気筒「EcoBoost」エンジンで、最高出力270ps・最大トルク420Nmを発揮、10速ATと組み合わせが予想されています。

Next

なんと24年ぶりの復活。フォード伝統のオフローダー「ブロンコ」が新型に!

おみそです。 一部情報では、新型ブロンコの現地価格は3万ドルから、と言われているが(ブロンコスポーツはもう少し安価か)、もし本当にそうなれば、現行型エクスプローラーよりも2万ドル程度安価となる。 2つのクラスターを分離するブロンコの文字で巨大なグリルに統合されています。 出典: さて、今回はネット上に浮上してきたフォード「新型ブロンコ」の実物写真を見ながらいろいろ考察してみたいと思います。 「ティンバーランド」や「マーヴェリック」、「ブロンコ・スカウト」など、名称は様々に予想されています。

Next