肛門投手。 肛門投手、今季初セーブ失敗

お久しぶりですバーチャル犬耳おばさんおじさんです。 デニス・エカーズリー氏 さて、本題です。

4

1984年の遠藤一彦(大洋)17勝17敗(他にも5回達成している)• なお、FA宣言の直近のシーズンでは大竹は「10勝10敗」、西は「10勝13敗」の成績であった。 日本シリーズ実況解説配信をしていたらチャンネル登録者数が1500人に到達しました。 2001年の(西武)15勝15敗• なるほど。

18

これは本当に恐ろしい数字であの岩瀬ですら40歳20セーブを最後にほぼクローザーとしては数字を残せていないのですが、 なんとこのエカーズリーは40歳で29セーブ、42歳で36セーブを記録しています。

19

先ほどの表に 肛門投手を加えてみます。

17

映像はセルフサービスとなります。 。

11

えっ はい、肛門投手ぶっちぎりで1位です 数字としては あの大魔神・佐々木にダブルスコアなものになっています。 今回は肛門投手の「345セーブ」という数字に着目し、 通算セーブ数10傑を日・米からそれぞれ選出してみました。 特に西の場合はこれが顕著で、WHIPは「1. つまり20敗しても345セーブはしてるんだとのこと。

8

あくまで 投手としてはね。

みなさんこんにちは。 みなさんも気をつけて下さいね💖 あ、それと今日も18:15から日本シリーズ実況解説配信を実施します。 最高の結果になったと思います。

13

1990年には35歳で防御率・WHIP共に0. noteに相応しくないタイトルなのはわかっていますが、仕方のないことなのです。

5