明鏡 止 水 意味。 明鏡止水の意味~目標は心にさざ波を立てないこと

ホームページ2,000円〜10,000円台(消費税別)。 窺形於生、而窺於者、以其易也」(人がを鏡とせず、止るを鏡とするのは、それが静かだからだ。

9

「明鏡」とは、「塵や垢がついていない、曇りのない鏡」を指す言葉で、「止水」とは、「静かに澄んでいて、止まっている水」のことを指しています。

3

「意馬心猿」は、「いばしんえん」と読み、「心が欲望などのよこしまな気持ちで動いてしまい、抑えられない」という意味の四字熟語です。

14

八重樫 一 (やえがし・はじめ) 【プロフィルと自己紹介】 ・1943年3月1日生まれ、北海道大学工学部卒業 ・2001年に漢字検定1級合格。 「 明鏡」の語源は、同じく 「荘子 徳充符」の以下の文章です。

4

立派な方と一緒に過ごしていれば、磨かれて過ちを犯さなくなる。 両者ともに 伯昏無人を師匠とする予定でしたが、 前科者の申徒嘉の同席を子産が嫌がります。 対象=「たいしょう」と読み、人間の意識、感覚、行為などが向うもの。

10

それは静止した水のみが 物のすがたをそのままに映せるからです。

5

に「」があるが、「」はのないことをし、「に合う」などと用いる、「明鏡止水」は単に心がいる状態をいう。 また、「心頭滅却」も「明鏡止水」の類語です。 見下された方の弟子が、 「すばらしい先生と長く一緒にいるのに、まだ偏見という曇りは消えないのか…」と言ったのが「明鏡」の由来です。

3