三浦 弘行。 将棋ソフト不正使用疑惑騒動

というをとったこともある。 はでもA級に返り咲き、苦手としているを直近ので撃破するなど、研究のとして知られる両雄による熱い戦が期待された。 でになった。

19

連盟の処分は行き過ぎとの批判もあるが、高段の棋士に対しても厳正に対処し、将棋が公正に行われていることを世の中に示すためにも、仕方のない処置であった」といった内容になることが予想されます。 2017年11月7日閲覧。 コンピュータ将棋• 議論するに値しない数値がそもそもの疑惑の根拠でしたので、そのような数値でいくら話を進めようとしても何も意味が無いといったところでしょう。

11

、で棋王への挑戦権を獲得するも、3連敗でタイトル奪取はならず。 「と」ではこのの第二局を通じて、の棋風すなわちのについて論じている。 昨日は研究会で、三浦九段、三枚堂四段、佐々木勇気五段でした。

12

かずきとは、小学4年の冬、札幌で知りあって以来のライバルであり、同期入会で、この世界では数少ない本音で物を言える、そして尊敬できる大親友だ。 村瀬信也 2016年10月13日. 2016年10月15日閲覧。

突然にお騒がさせてしまい申し訳ありません。

10

前期のことがあったので、油断することもなく、四番負けたものの全体的にまあ満足できる内容だった。

山村英樹 2017年2月27日. 2017年2月13日閲覧。 日本将棋連盟はこれを受け、の常務会で「対局時における電子機器の取り扱いについて」と題する通知書を全ての所属棋士・女流棋士に送付した。 より強いが行き渡ったでも、の力は存分に発揮されている。

15

この勝利によって三浦は深浦を星1つ上回り、その結果第53期で上位となったためである。 対局はで生中継され、午前中の「どちらをしていますか? 自分たちの乗った船が沈みかけていることが わからないのでしょうか? 「将棋は礼儀を育てる。 結婚の質問が多く寄せられたのは多くの方が三浦九段を祝福しているということだと思います。

7

にはに昇級し、八段に昇段。

14