セレナ モデルチェンジ。 日産セレナ次期新型フルモデルチェンジをスクープ!燃費は大幅向上か?

日産 セレナ プロパイロット2.0搭載し2021年4月フルモデルチェンジ

2017年11月にスポーティ仕様のセレナNISMOを、昨年3月にはe-POWERモデルを追加するなど、畳み掛けるようにブランド力を高めています。 e-POWER ハイウェイスターV(防水シート車):3,532,100円• さらに、「20X」・「ハイウェイスター」には防水シート、ロングアシストレール、バックドアインナーフックといった機能的なアイテムを備えた「クロスギア パッケージ」も新たに設定された。 駆動方式はFFとフルタイム4WDの2種が用意され、搭載エンジンは147馬力の2Lと160馬力の2. プレスリリース , 日産自動車株式会社, 2017年7月6日 , 2017年7月21日閲覧。 2016年発売のセレナはキープコンセプト。 必ずです。 今回、「ハイウェイスター」をベースとした特別仕様車「ハイウェイスター Vセレクション」を設定。 また、メーターには瞬間燃費計、車速に応じたアクセル開度を表示するエコドライブナビゲーターやECOメーターを備えた「マルチグラフィックアッパーメーター」を装備している。

Next

日産セレナ歴代モデルチェンジから今後を予想!

併せて、一部改良も行い、スーパーUVカット断熱グリーンガラスを「20X」系にも標準装備したほか、ボディカラーは「クリスタルミストメタリック」に替わり、「インペリアルアンバーパール(オプションカラー)」を新たに設定した。 8kW 2. 2012年 8月の公式発表に先駆け、スマートシンプルハイブリッド「S-HYBRID」をセレナの2WD車に導入することを発表。 標識検知機能の種類増加• さらに、特別仕様車「ハイウェイスター Vセレクション+セーフティII」、「ハイウェイスター Vエアロモード+セーフティII」、「20X Vセレクション+セーフティ」を設定。 通常版カタログには記載されないが、法人向けカタログには「S」とともに記載される• ミッションはガソリンユニットがCVT、ディーゼルターボが4ATでMTの設定はなし。 次期新型 日産 セレナ 予想CG エクステリア・デザイン• 5 m 5. いずれのタイプもセカンド、サードシートともに800mmを超えるスライド量をもつロングスライドレールを採用し、大幅なスペースアップが可能。 既にセレナはアダプティブヘッドライトなども採用し、先進装備の面で「進化の余地」は良くも悪くも少なそうです。

Next

【日産セレナ】 いつが買い時!?モデルチェンジはいつ?

5 m 5. プレスリリース , 日産自動車株式会社, 2016年11月16日 , 2016年11月16日閲覧。 ヘッドライトは温度が6000k前後あると思われるLEDバルブが採用されている。 尚、今回の一部改良では細かなデザイン変更があるS-HYBRID搭載車を含めた全グレードでボディサイズの変更はなく、4WD車や「20S」の2WD車に至っては外観デザインの変更もない。 2月6日 オーテックジャパン扱いの「ライフケアビークル」に、「チェアキャブ スロープタイプ」を追加(2月20日販売開始)。 続報が入り次第、随時お知らせしていきます。 そのほかオーテックジャパンより、「20X S-ハイブリッド」(2WD)、「20X」(4WD)をベースに、エクステリア・インテリアをトータルコーディネートしたカスタムカー「ライダー」、ライダーをベースにバランスの取れたトータルチューニングを施した「ライダー パフォーマンススペック」や、ダーククロムのフロントグリルなどを採用し、人気の高いアイテムを標準装備とした「ライダー ブラックライン」を用意。 2016年9月29日 2016年度グッドデザイン賞を受賞したことを発表した。

Next

日産 セレナ プロパイロット2.0搭載し2021年4月フルモデルチェンジ

ディーラーオプションにはフロントバンパーイルミネーション・e-POWER車用フロントプロテクター・e-POWER車用グリルイルミネーション・S-HYBRID車用グリルイルミネーションなどを用意。 グレードはベースとなる「20S」、助手席側ワンタッチオートスライドドアなどを備える充実装備の「20X」、ハロゲンフォグランプやアルミホイールなどを装備した上級「20G」、16インチアルミホイールに専用サスペンションとした「ハイウェイスター」、ハイブリッドシステム「スマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)」を搭載した、「20X S-ハイブリッド」、「20G S-ハイブリッド」、「ハイウェイスター S-ハイブリッド」、「ハイウェイスターG S-ハイブリッド」を設定。 【2000年12月】 セレナ特別仕様車 「リミテッド エディション」を発売。 発表時期 次期新型セレナの発表は、最短で2021年5月、遅くとも夏以降の2021年内の予想。 7 m 5. さらに車間自動制御システムがオプション仕様から標準装備になりました。 16インチアルミホイールandタイヤ(e-POWER ハイウェイスターG・ハイウェイスターG・ハイウェイスターV(2WD)の3モデル) e-POWER専用15インチアルミホイールandタイヤ(e-POWERハイウェイスターG以外のe-POWERモデル) 15インチアルミホイールandタイヤ(ハイウェイスターV(4WD)・ハイウェイスター・Gの3モデル) 15インチフルホイールカバーandタイヤ(XV・Xの2モデル) 足元には各グレードで異なるデザイン・素材のホイールを用意。

Next

セレナ(日産)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット中古車】

「e-POWERの4WD」とは、モーターのみで走ることができる画期的なシステム。 仮にノートe-powerでの2WDと4WDの燃費差を計算してみると、e-power Xでは34. これからもセレナは家族や仲間を乗せて走り続けていくでしょう。 今回、オーテックジャパンより、新たなカスタムカー「オーテック(AUTECH)」を設定。 主な改良点は プロパイロットのワイパー作動時挙動改善と 先進安全技術の向上及び 全方位運転支援システムとこれまでオプションだった アクセル・ブレーキ踏み間違い衝突防止アシスト機能と車線逸脱防止支援システムが標準装備 次期セレナには「プロパイロット2. 2L 直列4気筒OHCターボディーゼル(CD20ET)と、直列4気筒DOHC16バルブガソリン(SR20DE)を選択できる。 5 m 5. インテリア 運転席のインストルメントパネルはフルデジタル且つ車庫入れアシストのアラウンドビューモニタがインストルメントパネル内に統合。 。 それが、フロントシートとセカンドシートがスライドでき、さまざまな車内空間を作ることができるマルチセンターシートです。

Next

【2021】日産新型セレナ フルモデルチェンジ最新情報まとめ!発売日,次期デザインなど徹底解説!次期e

さらに「ハイウェイスター Vエアロモード+セーフティII」には、フロントプロテクター(LEDイルミネーション付)、ダーククロムグリル(エアロモード専用)を標準装備。 衝突回避を支援する「エマージェンシーブレーキ」と「LDW(車線逸脱警報)」も搭載する。 5 m 5. ラインアップは、「S」、「X」、「G」、「ハイウェイスター」、「ハイウェイスターG」を用意。 5 m 5. そのほかオーテックジャパンより、「20X S-ハイブリッド」(2WD)、「20X」(4WD)をベースに、エクステリア・インテリアをトータルコーディネートしたカスタムカー「ライダー」、ライダーをベースにバランスの取れたトータルチューニングを施した「ライダー パフォーマンススペック」や、ダーククロムのフロントグリルなどを採用し、人気の高いアイテムを標準装備とした「ライダー ブラックライン」を用意。 e-POWER XV(防水シート車):3,259,300円• 0」の主な作動シーン• また、助手席側ワンタッチオートスライドドアを標準装備としている。

Next

セレナフルモデルチェンジは2021年?時期や変更点など最新情報!

【1994年10月】 セレナ特別仕様車 「FX リミテッド」を新仕様で再発売。 「ハイウェイスターG」には新規オプションとしてシートのカラー・素材・パネル加飾を刷新し先進感と上質感を合わせ持たせた「プレミアムハイコントラストインテリア」を設定。 また、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いによる衝突防止を支援する「踏み間違い衝突防止アシスト」については、前方の歩行者検知が可能な仕様に機能を向上させた。 また、オーテックジャパン扱いの特別仕様車「ハイウェイスター アーバンセレクション」も発売。 2009年はに抜かれたものの、フリードにはトールワゴンに属する2列シート車が用意されているため、ミニバンに属する3列シート車の台数ではセレナのほうが上回る• グレードはベースとなる「20S」、助手席側ワンタッチオートスライドドアなどを備える充実装備の「20X」、ハロゲンフォグランプやアルミホイールなどを装備した上級「20G」、16インチアルミホイールに専用サスペンションとした「ハイウェイスター」の4タイプ。 できることならなるべく費用を抑えて希望の車を手に入れたいですよね! そんなあなたにぜひ知っていおいてほしい方法をご紹介します! 新しく車を買い替えるときに使う方法とはズバリ 『中古車一括査定サイト』を利用することなんです! 『中古車一括査定サイト』とは、売りたい車の情報を入力すると複数の中古車買取業者から一度に買取額の査定を受けられるサービスです。

Next