垌頭部 į—’ãŋ。 įžŽåŽšå¸Ģパパぎ「į™ŊéĢĒ染め垌ぎかゆãŋぎ原因」厌全į‰ˆ

それãĢīŧŒã™ã™ãŽã‚’į–Žã‹ãĢしãĻいぞすとīŧŒæ´—æĩ„成分が頭įšŽã‚„éĢĒぎ毛ãĢ掋りやすくãĒりīŧŒã“れがįš°ã‚Ščŋ”されぞすとīŧŒé ­įšŽã‚„éĢĒぎ毛がトナブãƒĢãĢčĻ‹čˆžã‚ã‚ŒãĻしぞいぞす。 そうすることで多過ぎるãƒĒãƒŗパįƒã¯æ¸›ã‚‰ã›ãžã™ã€‚

19

äēēãĢよãŖãĻはあぞりãĢそぎ゚トãƒŦ゚がåŧˇã„場合、吐き気や下į—ĸとãĒãŖãĻしぞいぞすし、そこぞでč‡ŗらãĒくãĻもįšŽč†šã‹ã‚‰æŽ’æŗ„しようとしぞす。 ã‚ˇãƒŖãƒŗプãƒŧ剤ぎすすぎはīŧŒã‚ˇãƒŖワãƒŧをäŊŋいīŧŒé ­įšŽå…¨äŊ“で2īŊž3分間をį›ŽåŽ‰ãĢすすぎ洗いしぞす。 マナã‚ģチã‚ĸãĢã‚ˆã‚‹č„‚æŧæ€§įšŽč†šį‚ŽãĒおぎãģかãĢé ­ãĢできる水č™ĢãĒおも原因ãĢãĒりぞす。

5

いつもヘナは夜つけãĻそぎぞぞ寝ãĻ朝洗いぞす。 æ€ĨãĒį—›ãŋではãĒく垐々ãĢ鈍į—›ãŒåžŒé ­éƒ¨ãĢåēƒãŒã‚‹ã‚ˆã†ãĒį—›ãŋがありぞす。

゚マホからé›ĸれる、 ã¨ã„ã†ãŽã¯ã€åŽŸã¯č´…æ˛ĸãĒことかもしれぞせん。 すぐãĢおさぞる頭į—›ã§ã‚ã‚Œã°ã€ãã‚‚č†œä¸‹å‡ēčĄ€ã§ã¯ã‚ã‚Šãžã›ã‚“ã€‚ かゆãŋをäŧ´ã†ãŸã‚ã€æŽģくことでæ‚Ē化しãĻæšŋį–šãĢãĒる場合もありぞす。

1

そこでäģŠå›žã¯ã€é ­įšŽãŽã‹ã‚†ãŋをæ˛ģã™å¸‚č˛ŠãŽåĄ—ã‚Šč–Ŧナãƒŗキãƒŗグをį´šäģ‹ã—ぞす。 čŗ‡į”Ÿå ‚ãŽé•ˇåš´ãŽč‚˛æ¯›į ”įŠļをæ´ģかしãĻつくられた、ã‚ĸãƒ‡ãƒŽã‚˛ãƒŗã‚ˇãƒĒãƒŧã‚ēぎ。 į‚Žį—‡ã—た頭įšŽãŒåĄ—ã‚Šč–Ŧを一åēĻäģ˜ã‘ãĻæ˛ģるäē‹ã¯ã‚りぞせんぎで、įļ™įļšã—ãĻåĄ—ã‚Šč–ŦをつけるようãĢしãĻください。

äŊ•ã‹ãŽį—…æ°—īŧŸã ã¨ã¯ãŠã‚‚うぎですが、原因がはãŖきりしぞせん。

1

ぞた、そぎå‡ēæĨäē‹ã‹ã‚‰æ•°åš´åžŒãĢ、åŊŧãĢあãŖたら、äģĨæĨ、åˆĨãĢãĒんともãĒã„ã¨č¨€ãŖãĻいぞした。 ã“ãŽã†ãĄīŧŒã‚ˇãƒŖãƒŗプãƒŧしãĻいる最中ãĢčĻ‹ã¤ã‹ã‚‹č„ąæ¯›ãŽæœŦ数はīŧŒéĢĒãŽæ¯›ãŽé•ˇã•ãĢよãŖãĻ違いぞすぎでīŧŒį”ˇæ€§ãŽã‚ˆã†ãĢį´„半分というわけãĢはい. äŊŋいåŋƒåœ°ã‚‚æ‚ĒくはãĒいぎですが、内厚量が少ãĒいぎと、į—’ãŋãĢ寞する持įļšæ€§ã§ã€äģŠå›žãƒŠãƒŗキãƒŗグįŦŦäēŒäŊã¨ã—ぞした。

11