墨田 区立 図書館。 閉鎖前の墨田区立あずま図書館の訪問記―東京図書館制覇!

児童用資料・設備等 紙芝居 なし 布絵本 なし 児童向け視聴覚資料 なし おはなし会 なし 靴脱ぎスペース なし 授乳室 なし オムツ交換台 3階の男性用・女性用トイレ両方にオムツ交換台あり その他児童向け資料・設備等 3階に幼児を遊ばせられる保育室あり。 施設 [ ] 墨田区立ひきふね図書館 [ ] ひきふね図書館が入るマークフロントタワー曳舟 墨田区立図書館の中央図書館として構想され、旧来の中心館とされていたあずま図書館と老朽化していた寺島図書館を統合して設置された図書館である。

7

各館の開館時間は、以下のとおりである。 そのほかにも、スカイツリー周辺のコミュニティ誌『東京スカイツリータウンプレス』や、東京スカイツリーが日々建設される様を近所の住民が冊子にまとめた『スカイツリーReport』など、市販の書籍でない資料もたくさんあるのでぜひ見てみてください。 貸出も可能。

1

なお、休館日は共通で、第3木曜日、年末年始期間(12月29日 - 1月4日)及び特別整理期間である。

10

ネット閲覧PC 1階カウンター向かって右にネット閲覧PC2台あり。 それまでは向かいの現在のこひつじ保育園の位置に設置されていた。

例えば、『スカイツリー 空へ未来へ』という冊子は、読売新聞のスカイツリー関連の連載記事を冊子にまとめたもの。 『寺島図書館創立六十周年記念誌』墨田区立寺島図書館、1990年。 面積 544平方メートル• 逆にいうと、ずっと墨田区立図書館を利用していて、図書館で自習できるのが当たり前だと思っている人は、他自治体の図書館を利用するときに気を付けた方がいいかもしれません。

15

日本の小説とエッセイは一緒にして著者姓名の五十音順で並んでおり、複数作家による作品集は頭文字が「わ」の作家の後にまとめられています。 登録が可能なのは、墨田区の在住、在勤、在学者である。

11

貸出者数 42,932人• 利用は9:00~17:00まで、1回30分、次に待っている人がいなければ最大1時間まで利用可能。 墨田区立あずま図書館 - 東京都墨田区1-19-1(すみだ中小企業センター3階)• 全体の所蔵数は小規模図書室という程度ですが、男女問題に関する本は中規模図書館と同程度所蔵しています。 壁の説明には「このコーナーは墨田区名誉区民である王貞治氏によるご寄付と読売巨人軍の協力により設置されました」とありますが、墨田区立図書館の図書館だより2010年9月号には、「9月7日、墨田区名誉区民であり、通算本塁打の世界記録を持つ王貞治氏の寄贈図書コーナーがあずま図書館で開設されました。

建物面積 1,074平方メートル• 飲むとき以外は、机の上に置かず、鞄の中へしまってください。

1

東京スカイツリー駅から行く場合は、東口を出て左の切符売り場を回り込むように進み、道路に出たら右折、右に東武線の電車停車場が見えてきたところで左の路地へ入り、信号で右折、次の「すみだ女性センター」交差点の右先にある建物の2階にすみだ女性センターがあります。 現在の建物は、(平成2年)10月2日に改築・再開館しており、墨田区立緑町公園の近傍にあり、3階建ての独立した建物に設置されている。 確保しないまま利用開始枠の開始時間から15分経過すると、自動で予約は解除されます(その場合、他の利用者がいなければ、通常の確保をしてご利用いただけます)。