シェーン ビーバー。 【MLB2020】ポストシーズン開幕!ゲリット・コールが13奪三振!シェーン・ビーバー、立ち上がりに襲われる

今回は、2020年も大活躍の二人を紹介!1人目は、2019年に3. ホワイトソックスのホセ・アブレイユがダントツでしたね。 シェーン・ビーバーが三振を奪っています」と強調。 インディアンスは過渡期に入っているチームですが、ビーバーもこれから中心選手として活躍を期待したいですね。

奪三振が三桁に達している投手は、ビーバーだけだ。 2019年は34試合に登板し15勝8敗で防御率3. 63と驚異の成績を残す。

ビーバーと違い、バウアーの二冠は確定しているわけではない。 メッツのデグロムは今季100mphを連発。 これに対し、ジャスティンも自身のSNSに投稿した動画で「NOT SHANE BIEBER(シェーン・ビーバーじゃない方)」と記された特製のインディアンスのユニフォーム姿を着用する粋な計らいを見せた。

3

これはヤンキースで勝負の厳しさを経験したからでしょうか!? ビーバーのERAは0. とにかく低めに投げてもらいたいですね。

12

この時点で捕手のロベルト・ペレスも何か感じ取ったようですが、修正する暇もなく、つづく2番のアーロン・ジャッジの初球、またしても4シームを狙われ、これが右中間スタンドに飛び込む2ランHRに。 インディアンスのビーバーは、勝利、防御率、奪三振の主要3部門全てでトップとなった成績にふさわしく、満票で栄冠に輝いた。 105球を費やし、被安打9、失点7、自責点7、与四球2、奪三振7、被本塁打2とシーズンワーストの投球をポストシーズン初戦でやってしまいました。

17

今季初失点、初被本塁打でした。 レギュラーシーズンでは先発12試合で8勝1敗、防御率1・63をマークし、今季サイ・ヤング賞最有力候補の1人でもある25歳ビーバーだったが、初回にアーロン・ジャッジ右翼手に先制2ランを許すと、3回と4回に計3本のタイムリー、5回にはグレイバー・トーレス遊撃手にも2ランを打たれた。

9