ライトニング コネクタ 液体。 【iPhoneSE(第2世代)の防水】Lightningコネクタで液体が検出されました

代わりにイヤホンはライトニングコネクタを通して使用することになったのですが、充電+イヤホンの使用によって、 6s以前のモデルと比べてライトニングコネクタ部分への抜き差し回数が増え、中の端子への負荷が増加しているのかもしれません。 警告を無視してiPhoneを再起動してください。

4

iPhoneを充電しようとしたときに、画面に「Lightningコネクタで液体が検出されました」と表示されました。

まず始めにiPhoneの電源を切る 最初にやるべきことはiPhoneの電源を切ることです。 拭き掃除は ティッシュや綿棒だと繊維くずが出てしまうので、 シルボン紙や キムワイプなどの毛羽立ちしにくいものを使います。 次に、みなさんのニーズに照らして、以下の3つのポイントを押さえるとよいでしょう。

18

純正品は高価なので、安さにつられて粗悪品をつかんでしまい後悔した人も多いでしょうか。 その場合はコンセント自体が故障している可能性もあることを知っておきましょう。

13

互換性のある最初の機器は、、(第7世代)であった。 金属製の棒やピンセットはショートさせるおそれがあるので、これもNGです。 スポンサーリンク Appleが推奨する自然乾燥の手順と故障に繋がる乾燥方法 「充電はできません」や「Lightning コネクタで液体が検出されました」と表示される場合、 iPhoneのLightningコネクタの内部が濡れている可能性があるため、Lightningアクセサリの接続を中断して自然乾燥させると復帰します。

この方法は後々iPhoneの故障にも繋がりかねないので、ワイヤレス充電ができる場合はそちらを利用して充電するようにしましょう。 <故障多発の原因> 1.お風呂で使うことが増えたため 2.ライトニングコネクタの抜き差しが増えたため 仮説1:水による故障 iPhone7シリーズは耐水性を高めたモデルとして登場しました。 2012年9月27日閲覧。

15

やはりこの機能はもともとあなたのiPhoneが最初に不可逆的な液体の損傷を受けるのを防ぐために設計されたものです。

6

iPhoneを持ったままお風呂に入る• 現在のところ、全て直っているのですが、私としては、故障が多発している原因は以下の理由なのではないかと考えています。