本能寺 の 変 真相。 【本能寺の変】真実!なぜ光秀は信長を討ったのか…真相‼

光秀は、領国である北近江・丹波、さらには与力として丹後、若狭、大和、摂津衆を従えて出陣するだけでなく、甲州征伐では信長の身辺警護を行い、すでに京都奉行の地位からは離れていたとしても公家を介して依然として朝廷とも交流を持っており、(諜報機関を兼ねる)のと共に都の行政に関わり 、二条御新造の建築でも奉行をするなど、多岐に渡る仕事をこなしていた。 あわせて読みたい• 光秀はなんとしても信長を止めなければと決意し、秀吉がそれを利用して天下を取ったというのが真実だった・・・・・・。

「お待ち下さい。 2)の起こる数年前から気になることが立て続けに起こっております。

12

は「信長が本能寺に、信忠が妙覚寺に、それぞれいることが判明しなければ、光秀は襲撃を決行しなかっただろう」という見解を述べている が、同じには明智屋敷もあり、動静は把握されていたと考えられる。 では、何故、軍記物で同じような内容の話が書かれたのか? それは、本能寺の変からわずか四ヶ月後に、羽柴秀吉が『惟任退治記』(これとうたいじき)という書物を世に発表し、本能寺の変は明智光秀が信長に対する恨みと天下取りの野望から起こしたと、真実として流布したからです。 そして、この「天主閣」から下は螺旋階段で繋がれ、たどり着くのは「御簾の間」 天皇家を象徴しているとされる部屋を、天主閣からの螺旋階段が押さえつける形になっていたとされています。

20

その信頼があっての接待(饗応)役の命だったのです。 歴史学の専門家でもない安部龍太郎が、歴史研究の最前線の情報にリンクしつづけることができたのは、先生とご一緒に旅をしたり酒を酌み交わしたりする折にご教示をいただいたお陰です。 国替えについては史料的根拠も残っていない。

享年49歳。

11

4年ほど前の 「矢上城攻め」でも、 信長の判断で相手を裏切り、 実母 (諸説アリ) を磔の上殺されています。 今回は「本能寺の変」をテーマに、事件解明のカギを握る「黒幕」について、諸説ある中から代表的なものを解説、「真の黒幕」を探りたいと思います。 しかし対立していた三好氏や毛利氏の勢力が衰えると、その背後に位置していた長宗我部氏と手を組む必要がなくなり、態度を一変させて、元親に信長を頼った四国の大名から奪った領地の返還を求めたのです。

そこで、該当部分を書き出してみることも容易にできるのでやってみよう。 14日、秀吉は宇喜多勢と龍王山と八幡山に陣した。

16